任意整理にかかる弁護士費用~完済予定期間もグッと短縮~

司法書士の方が料金は安い

相談

あらゆる案件に対応可能

任意整理を依頼するのは、弁護士にといったイメージがありますが、この手続きができるのは弁護士に限らず司法書士に依頼をしても代行して手続き可能なのです。司法書士の中でも認定司法書士と呼ばれる人に限ります。では、弁護士と司法書士どちらに依頼をすればいいのかとなりますが、費用の面からすれば司法書士に任意整理を依頼したほうが安いのです。司法書士に依頼すると費用が安い理由は、着手金や減額報酬を徴収しない、基本報酬×任意整理をする貸金業者の数、2万円の基本報酬で3社任意整理なら6万円程度の費用となります。特に個人事務所の司法書士なら宣伝費や人件費、賃料などの経費がそれほどかからないことから探せば格安で依頼できる事務所もあります。それでは、任意整理なら費用が安い司法書士に依頼すればとなりますが、司法書士は140万円以下の債権しか代理交渉権がないのです。債務金額が140万円を超える場合には、弁護士に依頼をしなければならなくなります。また、司法書士に依頼をしても減額できる金額が少なく、これでは到底完済が難しいとなったら、他の個人再生や自己破産を検討しなければならなくなります。そうなると司法書士には、個人再生や自己破産の代理交渉権がありませんから、弁護士を新たに探さなけなければならないです。そうなると司法書士費用も弁護士費用もかかってしまうことになります。すべての法律案件が取り扱える弁護士に最初から依頼すればいいとなりますが、140万円以下の任意整理なら司法書士が安いのも事実です。判断に迷う場合は無料相談会などで相談をしてみることです。

Copyright© 2018 任意整理にかかる弁護士費用~完済予定期間もグッと短縮~ All Rights Reserved.