任意整理にかかる弁護士費用~完済予定期間もグッと短縮~

相談料支払いが困難

ジャッジガベル

法テラスの制度を利用

消費者金融からの借金を任意整理して早く返して生活に余裕を取り戻したいが、弁護士費用を支払うのが困難という方がいます。借金の負担を軽くしたいので、弁護士費用がネックとなるのであればどうしたらいいのかとなります。そういった、低所得者向けに法テラスの民事法律扶助制度があります。これは、任意整理をしたいが弁護士費用を支払うのが困難である人向けの手段です。民事法律扶助制度を介して法テラスが弁護士費用を立替てくれるのです。この制度を利用するには、法テラスに相談にいきます。そして申込みですが、その際に収入証明書、住民票、そして指定された書類等が必要になります。そして審査が行われます。この制度を利用できるのは、低所得者のみに限られますので単身者であれば収入が182000円〜200000円以下、資産は180万円以下を基準とします。審査に通過すると民事法律扶助制度を利用できます。減額報酬はかからず、着手金と実費のみです。任意整理を3社行うなら着手金64,800円で実費の20,000円をプラスして84,800円の費用で任意整理を行うことができます。弁護士事務所に直接依頼するよりも法テラスを介して依頼した方が安い費用で手続きができます。任意整理の手続きが完了してからは、費用の支払いも法テラスに月々5000円ずつ返済をしていきます。任意整理をしたいが弁護士費用が高いと諦めるのではなく、制度を活用して手続きができます。

Copyright© 2018 任意整理にかかる弁護士費用~完済予定期間もグッと短縮~ All Rights Reserved.